[F11]キーで全画面 ブログ版 航空機画像のエアクラフツ











Aircraftsトップページへ
登録記号別航空機カタログ
JA003G




画像の無断転用を禁じます。お問い合わせは下段から。









サーブ・スカニア SAAB2000




種別:ターボ・プロップ双発固定翼 用途:航行誘導機器点検

製造元:サーブ・エアクラフト(スウェーデン)

エンジン:アリソン(アメリカ) AE2100A 出力:4
,152shp 基数:2

プロペラ:ダウティ・アエロスペース(イギリス) R381 / 6翅

全幅:24.76m 全長:27.28m 全高:7.73m 主翼面積:55.74u

最大マッハ数:0.62 経済巡航速度:594km/h

実用上昇限度:9
,450m

航続距離 / 燃料最大時:2
,907km

離陸滑走路長:1
,285m 着陸滑走路長:1,280m

最大離陸重量:22
,800kg 運用自重:13,500kg

燃料積載量:4
,287kg/5,300リットル 巡航燃費:9.67kg/分

運航乗員:2名



製造番号:2000-051

新規登録年月日:1998.11.25

所有者:国土交通省航空局(JCAB)

定置場:東京国際(羽田)空港







トップページ 戻る 英語 AdSense



画像の無断転用を禁じます。データは参照範囲内での流用に留めます。このページに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。


[F11]キーで全画面 撮影者プロフィール 現在のプロジェクト 行動記録 撮影ポイント・ゴミゼロ作戦




飛行機のある風景

臨醸飛行機写真館

日本飛行場紀行

ダンシング・ブルーインパルス

空港建築美術館

航空機メカニカル・アート

航空ダイヤ徹底解析









<<< Aircrafts について >>>

日本には、飛行機、ヘリコプター、グライダーなどの多種多様の航空機が全国各地に在籍しています。
また海外からの国際線機材の乗り入れも多く、国内在籍型式以外の航空機の飛来も珍しくありません。

このコンテンツは、私が全国の飛行場を中心に撮影した膨大な航空機写真の中から
「航空機の形がよくわかる写真」だけをピックアップして、カタログ形式になるように構成されています。

自動車にもナンバー・プレートがあるように、航空機にも登録記号が一機毎に与えられています。
これを基にして民間機と自衛隊機とに大別し、更に民間機は国籍別、自衛隊機は三隊に分類し、
個々の登録記号を特定して機体データを併せて展示してあります。

機体データについては、様々な書籍や資料を基にしてウェブ・ページも参照しながら、必要適度なデータとなるように要約してあります。
最も有用な情報源は「鳳文書林出版販売刊・日本航空機全集」ですが、上述の範囲内でのデータ公開の許可を得ております。

一般の方には理解しづらい内容も多いかとは思いますが、
日本ではどのような航空機が飛び交い、その仕様や経緯はどのようなものであるかということを理解される一助となれば幸いです。

これからも緩やかな航空機型式の変遷が少しでも掌握できるようなコンテンツを目指していきます。