飛行場写真のエアロドロームズ











Aerodromesトップページへ
日本飛行場紀行
月刊誌「エアワールド 2006年5月号」掲載 2006.02.16
関西3空港時代へ 神戸空港の開港
写真:齋藤美津明 文:エアワールド編集部

[F11]キーで全画面



 関西圏で3番目、全国では97番目の空港となる神戸空港(愛称:マリンエア=MARINE AIR)が2月16日(木)に開港した。午前7時19分、低い雲が広がる中、満員の乗客を乗せた1番機となる日本航空(JAL)ボーイング767-300が羽田に向け離陸した。
 旅客ターミナルビルには約3万1,300人が訪れ、神戸空港を出発する航空機の搭乗率も各便80%を超え、好調なスタートを切った。
 午前5時50分、搭乗客や空港および航空会社関係者でごった返す旅客ターミナルビルの出発ロビーで開港式があり、神戸市の矢田立郎市長は「ここに神戸空港を開港する」と宣言、テープカットなどが行われ開港を祝った。なお、この16日の開港は世界の航空関係者に航空路を知らせる航空路誌(AIP)の発行日に合わせたもの。



↑2月16日、ほぼ満席となったJALとANAのボーイング767-300が、グランドクルーに見送られて相次いで神戸空港のランプを離れ、滑走路に向かう。 ↑到着第1便として、羽田空港から飛来したANA411便のボーイング767-300(JA8579)。

↓2月16日午前5時50分、神戸空港ターミナルビルでは開港式が開始された。同空港の発展と安全運航、そして利用率の増大などを祈念し神戸市長をはじめとする関係者によるテープカットなどが盛大に行われた。

↑神戸〜東京線を1日7往復で運航するスカイマークエアラインズのボーイング737-800。
←こぼれるような笑顔で到着客を出迎える「スマイル神戸」のお嬢さん

[F11]キーで全画面




開港ギャラリー

幅600ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。 幅550ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。
高さ515ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。 高さ515ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。 高さ515ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。
幅600ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。 幅600ピクセルで保存可。但し、個人的使用に限ります。




日本飛行場紀行・神戸マリンエア




■画像および記事の無断転用を禁じます。
■このページに関するお問い合わせはこちらまで。
トップページ 戻る 英語 Wikipedia Affiliate Button


[F11]キーで全画面



画像頒布サービス 撮影者プロフィール 現在のプロジェクト 行動記録 撮影ポイント・ゴミゼロ作戦 運営方針 放浪旅日記




自然風景写真館

飛行機のある風景

臨醸飛行機写真館

登録記号別航空機カタログ

ダンシング・ブルーインパルス

航空機メカニカルアート

空港建築美術館

航空ダイヤ徹底解析